デグーの寒さ対策

デグーの寒さ対策

デグーは熱さ寒さに弱く、環境の管理を怠るとストレスを強く感じるだけでなく、体調不良や病気のリスクが高まります。

冬真っただ中の今、どんなものを使って寒さ対策すればよいかをうちの子たちのケージの様子を交えながら書いていきます。

電気が使えない?そんなときの寒さ対策←緊急時のデグーの寒さ対策に使えそうなものを見つけたのでまとめてみました!いざというときのためにぜひご覧ください!

主な暖房設備

エアコン

エアコンは室温のおおまかな管理を行える設備でデグーなどのエキゾチックアニマルを飼う上では必須となります。

うちではエアコンは常につけっぱなしで23度付近を維持できるようにしています。

エアコンをつけっぱにするメリットは、室温を常に一定に保つことができる点。外出中に急激に気温が変わってもエアコンをつけておくことで温度変化を最小限におさえることができます。

デメリットとなるとすれば、室温全体を全て一定の温度に保つことはできない点。場所によっては室温がひくいところもあるのでデグーのケージも設定温度通りであるとは限りません。ケージ内は別で温湿度計をつけて管理するのが好ましいでしょう。

後は電気代はつけていないときに比べれば上がります。

そこはデグーだけでなく室内で動物を飼う上では必要となる出費だと思うので理解してペットを飼うようにしましょう。

ペット用シートヒーター

これはケージの中に敷いて使う暖かくなるプレートになります。

コンセントにつないで使うタイプの物で上に乗ることでデグー自身が温まることができるものになります。

家で使っているものは、

「マルカン ほっとうさ暖リバーシブルヒーター」

というものでサイズがM.L.LLとありますが私はMサイズを使っています。

名前にもある通りリバーシブルでつかうことができ、一面は30℃、その裏は38℃になっています。

季節や使い方によって使い分けることができるのはいいですね♪

うちではシートヒーターの38℃側の上に寝床を置いて使用しているので寝る時はシートヒーターの上にある寝床で寝てくれるのでぽかぽかで休むことができる環境を作っています!

注意点としてはシートヒーターからケージ外まで延びるケーブルをかじられる心配があること。

ケーブルは金属製のカバーとゴムのカバーがついているためすぐにケーブル自体をかじられることはありませんがしばらく使っていくうちにどんどんかじられていきます。

うちのチェカはすでにゴムカバーははがし終えているため毎日注意してみています。そのうち買い換えかなと考えています。

寒さに負けないデグーの快適生活~シートヒーター編~・・・我が家で使っているシートヒーターについてまとめています。もしよければ見てください♪

ヒートランプ

これはケージの網に引っかけて使うランプでその周囲が暖かくなるものです。

ワット数によって暖かさが違うため、購入する際はケージの大きさに合わせてワット数を検討するようにしましょう。

うちでは、

「マルカン ヒートランプ40W」

というものをチェカとブランのケージの間に挟む形でセットしています。

お昼に部屋んぽした後にケージへ戻すとランプの横でのんびりすることがあるので気持ちの良い温度なんだと思います♪

以前はケージ内にセットしていましたがランプカバー上側に居座ることが多くありました。

上側を触るとかなり高温になっており、低温やけどが怖かったので外側にセットするようにしました。

大きいワット数のランプを買って、「デジタルサーモ300」という温度設定ができるようになるアイテムを活用することでヒートランプでの温度管理もできるようになるのでお勧めです。

敷材

サンコーのイージーホーム40ハイやマルカンのセレクトケージHigh40はあらかじめ中敷き用ですのこが入っており、使用することで排泄物がすのこの下のトレーに落ちてケージ内をあまり汚さないようにできるものがあります。

しかしこれをつかうことですのこ自身が金属製のため足が冷える原因になるほか、すのこに足をひっかけたり飛び降りて足をケガしてしまうリスクがあるためおすすめはしません。

うちの子は「マルカン やさしい広葉樹マット」

というものを使っています。

広葉樹マットを敷くことで飛び降りても緩衝材になるようになるほか、すのこよりもケージ床が冷たくならないようになります。

また、床冷えを抑えるために床からはなす方法もあります。

床暖がついていない限り、気温に比べて床は冷えやすくなります。

棚の上に置いたり、ケージと床の間になにかかませるとケージ床の温度低下を抑える効果があるといえます。

気になる電気代・・・

うちでは二匹のデグーを買っているのでシートヒーター2個、ヒートランプ1個(ケージ間で二部屋温めているため)、エアコン一基を一か月24時間つけっぱで活用しています。

気になる電気代ですが、デグーをお迎えする前が4000円から5000円以内だったのですがデグーお迎えして上の暖房器具つけっぱで9000円から10000円以内になり、結果的に倍になりました。

これは電力会社や使っている暖房器具の数によって上下するとは思いますが参考にしていただければと思います。

まとめ

今回は寒い冬に活用する暖房器具と、そのおおまかな電気代を書いてみました。

デグーお迎えする前やお迎えして初めての冬はどうすればいいのか、わからないことも多いと思います。

デグーの気持ちになって、どういうものがあれば心地よく生活できるか考えてより適したグッズを活用していきましょう!

エキゾチックアニマルカテゴリの最新記事