デグーも快適!お掃除頻度!

デグーも快適!お掃除頻度!

デグーを飼育していれば定期的にお掃除は必要ですよね。

私自身どのくらいの頻度でどういったお掃除をすればいいか悩んで試行錯誤してきました。

今回はどのくらいの頻度で、どういった掃除をしているか、あとはできる限り汚さない方法、掃除しやすい方法を我が家の例をもとにまとめていきます。

お掃除の頻度

ざっくり言ってしまうと、

フルメニューのお掃除は週一回

軽い掃除は毎日

を行っています。

毎日フルメニューが一番よいとは思いますが、「飼い主の生活リズム」「交換する消耗品のコスト」「ケージ内の清潔な状態の維持」を考えて、この周期にしています。

フルメニューお掃除の内容

週一で行っているお掃除メニューは、

・ケージ下部のトレー清掃

・ケージ内の糞尿の除去

・ステップ上の清掃

・シートヒーター、餌皿の拭き掃除

・その他汚れている箇所の拭き掃除

を行っています。

お掃除のタイミングは部屋んぽの時に行っています。

ケージ下部のトレー清掃

我が家では今、「金網+敷き牧草」のスタイルにしています。

元々は金網をはずして敷材を敷くスタイルでした。

これは金網に足を引っかける、高いところから降りたときの緩衝材になるようにするためでした。

今は、ケージ内の清潔さを長持ちさせる、掃除のしやすさの観点から「金網+敷き牧草」にしています。

こうすることで糞尿は敷き牧草、金網を抜けてトレーに落ちることで清潔さを保ちます。

敷き牧草を敷くことで緩衝材となって高いところから降りても怪我のリスクを低減させます。

また、ステップの配置を高いところから降りにくいように螺旋状に取り付けることで高いところから降りるリスクも抑えています。

ただ、敷き牧草が美味しいのか、よく食べているので毎日のお掃除で少ないときは追加しています。

ケージ内の糞尿の除去

ステップ上や巣箱上、ハンモック上にある糞を取り、尿は拭き取ります。

ハンモック上の尿がひどいときはハンモックを替えて洗っています。が、最近週一でも汚れがひどいので毎回替えるようにしています。

ステップ上の清掃

我が家ではステップにプラ板を同じ形に切って貼っています。

ステップの木材は尿を吸ってしまい、拭き取ってもきれいに掃除しきれません。

なのでプラ板を張り、拭き取りやすいようにしています。

ただし、これはプラスチックをかじって食べてしまう子には使えないので注意してください。

やってみたい方は一度貼ってみて、数日経ってもかじる様子がなければ良いと思います。

そして、定期的にかじっていないか点検するようにしましょう。

シートヒーター、餌皿の拭き掃除

シートヒーターはデグーがのんびり過ごすことができる場所のひとつです。

そのため、シートヒーターの上でおトイレをしてしまう子もいます。

なので週一のお掃除のときはウェットシートとアルコールできれいに拭いています。

アルコールを使って掃除するときは完全に乾いてからケージに戻しましょう。

餌皿ですが汚れがひどい子とそうでない子がいると思います。

うちの子だとブランとモンちゃんが特に汚れがひどいです。

なのでこの二匹に関しては週一だけでなく毎日のお掃除でも拭くようにしています。

その他汚れているところの拭き掃除

上記以外でも汚れがひどい場所があったら拭き掃除をするようにしています。

毎日のお掃除内容

毎日の内容は週一だと追い付かない箇所の掃除になります。

お掃除メニューは、

・餌皿の拭き掃除

・ステップ上の拭き掃除

・敷き牧草の取り替え、追加

・その他目立つ汚れの清掃

です。

毎日やる項目なので、時間的にはすぐ終わります。

やるタイミングは週一のときと同じで部屋んぽの時です。

餌皿の拭き掃除

これは汚れる頻度の多いブランとモンちゃんの餌皿です。

あまり汚れていないときは省いているので、週三くらいでおこなっています。

ステップの拭き掃除

ステップ上も汚れがひどいときに行っています。

これは週二~週四くらいで行っています。

プラ板を貼っているのでお掃除は楽チンです。このタイミングでプラ板をかじっていないかの点検もするようにしています。

敷き牧草の取り替え、追加

敷き牧草は食べて減っていたり、金網から落ちて減ることもあるので少ないと感じたら追加するようにしています。

また、糞尿で汚れたら取り除いて新しいものをいれるようにしています。

敷き牧草は尿を吸わずに下に落としてくれる・・・という情報を聞いたことがありますが、うちの子はよく食べる光景を目にしているので、汚れが目立たなくても交換することもあります。

敷き牧草はご飯として与えている牧草よりコスパもいいのでけちらずにガンガンいれています。

その他目立つ汚れの清掃

上記の箇所以外でも汚れが目立つ場合は清掃しています。

よくあるのが餌皿(牧草用)を載せているトレーの上です。

うちの子は餌皿の中の牧草を食べるとき、美味しい牧草を探しているのか、掘り起こして食べています。

その際に金網から落ちたり糞尿がついたからか食べないことがあったので、トレーを設置してきれいに食べてくれるようにしています。

これによってちゃんと食べてくれているのか・・・体感的には若干食べてくれるような気がします(笑)

ケージ外の清掃

我が家では砂浴び用の瓶をケージの前に置いて、部屋んぽの時に砂浴びするようにしています。

よく砂瓶のなかに糞尿をしていたのでその砂で砂浴びをしても汚れるだけかな?と思ったためです。

結果として砂浴びの頻度は少なくなってしまうので、どちらがよいかは今後判断して瓶の設置場所は替える予定です。

その砂瓶の周りは砂浴びすると飛び出た砂がこぼれ出ます。

なので、部屋んぽあとはその周辺を掃除機で掃除しています。

また、砂瓶を広くて浅い段ボール箱にいれているので、部屋の床に飛び散りにくくなっています。

外に砂瓶を置いている方はかなりおすすめです!

掃除機は大事!

我が家では今までドン・キホーテの一万円しない掃除機を使用していました。

吸い込みパワーは値段相応で、砂などの細かいごみはきれいに取れていなかったのでちりとりほうき&ウェットシートで掃除していました。

ですが年末、掃除機の吸い込みパワー低下、たまにスイッチが入らない、吸い込みヘッドの故障で掃除機を新しいものにしました。

「吸引力の変わらないただ一つの掃除機」

で有名なダイソンの掃除機です!

コードレスタイプで少し前のモデルだったのでどうかな?と思っていましたが、すごい!

あらゆるごみをすいとります!

もちろん砂も!

そしてかなりの静穏性・・・真夜中でない限り、ハイパワーモードにしなければ使える静かさです!

これによって砂瓶周りの掃除の時間がぐんと短く、楽チンになりました。

もちろん、前に使っていた掃除機より静かなのでデグーさんたちもビックリしなくなりました(笑)

ダイソンの掃除機、おすすめです!

同じモデルならネットで30000円以内で買えるのでいいと思います。

【即納】【キャッシュレス5%還元店】ダイソン 掃除機 Dyson V7 Fluffy SV11FF サイクロン式クリーナー フラフィ SV11 FF 国内正規品 【送料無料】【KK9N0D18P】

楽天で購入

楽天だとこの価格でした。

参考になればと思います!

まとめ

今回は我が家でのお掃除の頻度とお掃除メニューの紹介、そして新しく導入した掃除機の紹介でした(笑)

ケージ内の掃除はデグーたちの健康状態、精神状態に関わるポイントなので大切です。

ですが飼い主さんの中には仕事も大変だ・・・という方もいると思います。

飼い主さんの生活に無理のない中でできる限りきれいを保てるようにしましょう。

今回紹介したのは我が家での今現状のお掃除メニューであり、これが正解というわけでもありません。

我が家でも今後より良い環境を整えるために変えていくと思うので、あくまでも参考にしていただければと思います。

そして、お掃除グッズは良いものを使うと楽になるのでおすすめです♪

それでは良きデグーライフを!

エキゾチックアニマルカテゴリの最新記事