デグーを部屋んぽさせてみよう

デグーを部屋んぽさせてみよう

デグーはコミュニケーションが得意な生き物です。

むしろ、触れ合いがないとストレスに感じてしまう個体もいるくらいの生き物です。

そんなデグーと仲良くなるひとつの手段として、「部屋んぽ(部屋の中の散歩)」をするというのがあります。

「部屋んぽ」をすることで飼い主さんとデグーの距離を縮めるだけでなく、運動の機会を増やすいいチャンスです♪

ぽっちゃりデグーも可愛いですがスタイルのいいデグーもかわいいものです。

ただし、「部屋んぽ」を行う上で注意してほしいポイントもあります。

今回は我が家でもきをつけていることも織り交ぜながらお話していきます。

「部屋んぽ」をする前に・・・

「部屋んぽ」を行うことでデグーとの仲を深めることもできるため、早くしたい!と思っている飼い主さんもいると思います。

ただ、お迎えしたばかりの子や、飼い主さんとの関わりがまだ浅い子は、もうしばらく待ってあげた方がいいかもしれません。

好奇心旺盛なデグーですが、エキゾチックアニマルであることも忘れてはいけません。

変化した環境に慣れるまでは、ケージ内から様子を見てあげてください。

個体にもよりますが、一週間ほどあればある程度慣れてくれると思います。

その間もデグーの食欲や水を飲んでいるか、ケージ内では活動しているかなど見てあげてくださいね。

そして手渡しでペレットを受け取ってくれたりして、飼い主さんへの恐怖心が取れてきてから「部屋んぽ」を始めても遅くはありません。

デグーがなるべくストレスにならない形で生活が送れるように飼い主さんがリードしてあげましょう。

デグーが慣れてくれるまで←まだ飼い主さんとデグーの距離が遠いなぁ・・と感じている方必見!

「部屋んぽ」の準備!

デグーも環境や飼い主さんになれてきたら、早速「部屋んぽ」してみましょう!

と、言いたいところですが、まずは部屋の中がデグーにとって安全かどうかをまずは確認しましょう。

人間の生活するスペースは、デグーにとって興味深いものばかりです。

それとともに、危険なポイントも沢山あります。

デグーを外に出す前にそういった箇所をなくしてから、「部屋んぽ」するようにしてください。

デグーの命を守れるのは飼い主であるあなただけです。

狭い空間

テレビ台の下や、ソファの下、本棚の下や、横など人間が入ることのできないスペースでも、デグーは簡単には入れてしまいます。

もしその隙間にデグーに有害な物が落ちていたら・・・もしも食べてしまったら・・・知らぬ間に大切な家族を失ってしまうことにつながりかねません。

デグーから目を離さない為にも、そういった場所は塞ぐことをお勧めします。

また、安全であると確認したエリアから抜け出す隙間を見つけ出すかもしれません。

小さな隙間でも入られることがないようにくまなく探して塞いでおきましょう。

デグーはもともと巣穴を作って生活する生き物です。そういった隙間や狭いスペースに入り込むのは得意なので、十分注意をしておきましょう。

「部屋んぽ」始めたての頃はより一層デグーの動向に気を張っておきましょう。

電気ケーブル

デグーはかじるのが大好きです。スマホの充電器やその他電化製品のケーブルをかじろうとします。

通電しているケーブルをかじったら、感電してしまうだけでなく、中の配線が出ていると漏電して火が上がる可能性もあります。

「部屋んぽ」するときはケーブルを外しておく、もしくはカバーなどをして配線をかじられないようにしましょう。

カバーをかじる子もいるので定期的に点検することもわすれないようにしましょう。

うちでも、私が使うイヤホンを片付け忘れて10分程床におきっぱなしにしてしまったことがありましたが、たったの10分で使い物にならない状態になっていました。

みなさんは同じことにならないように注意してくださいね。

角をかじる

「部屋んぽ」してみるとわかると思いますが、デグーはいたるところをかじりつくします。

棚の角、部屋壁の角、扉の角・・・角を守るコーナーガードのようなものを張っておくのも手です。あらかじめ守るようにしてあげてください。

我が家でも壁の角がすでにかじられているところもあります。

コーナーガードもつけていますが、そのコーナーガードをもかじるので、ここも定期的に確認するようにしましょう。

人間(飼い主さん含む)

デグーは慣れた人間に近づく傾向があります。誤っても踏んだり蹴ったりしないように足元には十分注意するようにしましょう。

扉の開閉なんかやると好奇心で外に出ようとする子もいるかもしれません。

その時はさんでいたらデグーの命にも関わることなのでかなり危険です。

私は、「部屋んぽ」しているときは寝転がっています。すると、背中に乗ってきたり顔の前に来て「なでろ!」と言うかのように座り込むのでそこでなでなでして楽しんでいます。

姿が見えなくなったら、おやつケースをカラカラと鳴らしておやつ時間にしています。

デグーによってより良いかかわり方があると思うのでいろいろ試してみてください♪

その他

デグーの天敵である犬猫などをすでに買っている場合、出会うことがないように分けて飼育、「部屋んぽ」をするようにお願いします。

自分以外の匂いがするとそれがストレスになることもあるので飼育の仕方にも注意してあげて下さい。

また、「部屋んぽ」する前には部屋の掃除をしてから出してあげるようにしましょう。

一見綺麗そうな部屋でもゴミが落ちているものです。

万が一お菓子だったりデグーの身体に悪いものが落ちていたら、デグーの体調を崩す原因になってしまいます。

もし可能であれば、デグーを飼育するための専用の部屋、なんかがあると安心して「部屋んぽ」することができるのでよいですね!

難しい方は、「部屋んぽ」前に部屋の片付け、掃除は必ず行うようにしましょう!

デグーも快適!お掃除頻度!←ここでは我が家のデグーケージのお掃除頻度をまとめています!参考にしていただければ幸いです!

「部屋んぽ」に挑戦!

ほかにもさがしていくといろんな不安はあるかもしれません。

そういった悩みをすべて解決して!部屋んぽやってみましょう。

どのくらいの頻度か?

理想は毎日行うことがベストです。私も基本毎日決まった時間に出すようにしています。

毎日出ていたのに急に出してもらえなくなると、それがストレスになることもあるので、注意してください。

出すべき時間帯は?

デグーは昼行性なので、太陽が昇っている時間帯が良いとされています!

ただ、我が家では21時~23時くらいの間で30分くらいだすようにしています。

飼い主さんの生活リズムによって出してあげる時間帯はばらついてしまうかもしれませんが出してあげる時間はなるべく同じくらいになるようにください。

ふだんより短かかったり長すぎたりするとケージに戻されるのがストレスに感じる子もいるので注意です。

まとめ

いかがだったでしょうか?今回お伝えした内容は気をつけるべきポイントの一部です。

「部屋んぽ」するお部屋によってはほかにも注意すべきところもあると思います。

注意する点全てに共通するのは「デグーが安全に楽しく部屋んぽできるか」なので、そこに重きを置いて環境を整えてあげてくださいね!

エキゾチックアニマルカテゴリの最新記事