デグーの気をつけたい歯の病気

デグーの気をつけたい歯の病気

人間や犬、猫と同じようにデグーも様々な病気があります。

「最近食欲が落ちてきた」「少しやせたような・・・」「うんこがちいさい」

こういった小さな変化が、病気の症状になることもあります。

今回はデグーがかかるかもしれない歯の病気について書いていきます。

知識があれば病気の重症化を防ぐことができるかもしれないので頭に入れておきましょう。

切歯の不正咬合

デグーの切歯は生涯伸び続けます。ただし、食事をする中で上下の歯がこすれ合い、削れることで伸びすぎることがないようになっています。そのほか歯同士をこすり合わせたり、かじり木をかじることでも歯の長さを適切な長さに保とうとしています。

しかし、なにかの原因で上下の歯のかみ合わせが合わなくなります。これが不正咬合(ふせいこうごう)です。不正咬合になると上下の歯がうまくかみ合わない為、削ることができずどんどん伸びて、歯茎を傷めたり食事をうまくとることができなくなってしまうのです。

原因は?

様々な要因があるので一概にこれのせい!とは言えませんがよくある原因としてはケージの金網をガジガジとかじることが原因になることがあります。

金網をかじることで普段の食事ではかかることのない歯への負担がかかり、歯がゆがんだり、歯の根元に負担がかかることでゆがむことがあります。

また、高いところから落ちたり、何かの拍子で顔を強く打ち付けることで歯にダメージが入り、ゆがむこともあります。

最悪の場合、歯が欠けてしまうこともあります。欠けてしまうことでかみ合わせが悪くなり、歯を削ることができなくなり、不正咬合につながってしまうこともあります。

また、遺伝的なものも関係あるとも言われています。

主な症状

切歯が使えない為、ペレットなどの固い食べ物を食べなくなります。

食べ物やおもちゃをくわえようとしますがうまくくわえることができなくなり、落としたりこぼしてしまいます。

吸水ボトルが使いにくいため、水が飲めなくなります。

結果、栄養不足、水分不足に陥ってしまうのです。

ペレットについてまとめています←ペレットってなんだろう?とか
一日に与えるペレットの量とか書いています。
デグーの健康管理の為にも見て行ってください♪)

デグーを診てもらえる動物病院に連れて行き、歯を適切な長さにそろえてもらうしかありません。

治療法は?

飼い主さんで適当な長さに切ったりしてしまうと、歯に無理な力がかかり、さらなるダメージを与えることになります。

また、カットしようとする中でデグーが暴れてけがをさせてしまうかもしれません。

専門の先生に適切な処置をしてもらうことがおススメです。

切歯の不正咬合にならない為の予防法は?

とにかくケージの金網をかじらせないことです。

金網をかじっている姿を見ると、「外に出たいのかな、かまってほしいのかな」と思い、かまってしまうかもしれませんが、これをしてしまうと「金網をかじるとかまってもらえる」とデグーが覚えてしまい、かじり癖がついてしまいます。

金網をかじっている姿を見かけても相手をしないことです。

それでもかじってしまう場合はかじり木をケージに入れておきましょう。

最近はケージに取り付けるタイプのかじり木や、香り付きのデグーが興味を示しやすい木の棒などもあります。

 デグーの飽きないケージアイテム←ここでかじり対策のアイテムについてもまとめているので参考にどうぞ! 

高価な物ではないのでいろいろと試してみて、効果的な物を与えてみましょう。

ちなみに我が家では、もともと香り付きの木をケージの中にいれていましたが、最近はチェカがそれでも金網をかじるため、フェンスタイプのかじり木を、よくかじるポイントに取り付けて、金網かじり防止をしています。

我が家のデグー大紹介!←我が家で飼っている二匹の
可愛いデグー達の紹介ページです。
チェカの紹介もあります!
よければのぞいてってください♪

転落防止としては、ステップの高さを急にならないように、らせん状に取り付けることで高いところから落ちないようにしてあげましょう。

臼歯の不正咬合

切歯同様臼歯も生涯伸び続けます。

臼歯は繊維質の高い食べ物(チモシーなどの牧草)をすりつぶして食べることで臼歯を適切な長さに保っています。

その臼歯がうまく削れないことで臼歯も伸びすぎたり変な伸び方をして不正咬合になってしまうのです。

意外と多種多様な牧草!←いろんな種類の牧草たちについて!
使う場面も含めてまとめているので是非見て行ってください♪

原因は?

繊維質の低い食べ物ばかり食べたり砕けやすい食べ物ばかり食べていると臼歯が伸びすぎたり、変な削れ方をしてかみ合わなくなってしまいます。

そして伸びすぎた臼歯は口の中を傷つけてしまうのです。

また、切歯と同じで遺伝してしまうこともあるといいます。

主な症状

口をうまく閉じることができにくくなっているのでよだれを出すようになります。

食べることができない、もしくは食べにくい口内環境のため、食べる量が減り、体型にも表れてきます。

食べたそうにしているが、食べようとしない場合は一度確認しておきましょう。

治療法は?

臼歯を削り、長さや向きを揃えるしかないでしょう。

こちらも自分でやろうとせず、デグーを診てもらえる動物病院に連れていくことをおすすめします。

臼歯の不正咬合は一度なってしまうと治りにくく、再発してしまう可能性が高いため、定期的に確認して都度整えてもらう必要があります。

臼歯の不正咬合にならない為の予防法は?

牧草のような繊維質の高い食べ物を食べてもらい、臼歯をしっかり使ってもらいましょう。

牧草はカロリーも基本的には低いので大量に与えても大丈夫です。

我が家では常に牧草が食べれるように多めに与えて食べ放題状態にしています。

また、切歯の不正咬合もですが、遺伝的な要因の可能性もあるので、不正咬合のデグーで繁殖をしないことでリスクの低減ができます。

オドントーマ

別名「仮性歯牙種(かせいしがしゅ)」ともいいます。

聞きなれない名前ですがどんな病気なのでしょうか。

原因は?

歯が生涯伸び続ける動物は常に新しい歯の組織が作られている為、歯がすり減りすぎることはありません。

しかし、切歯に強い衝撃が加わったり、それによって折れたりすることで歯根部で作られた新しい歯の組織が正常に伸びることができず、歯根部に留まってこぶのようなものになってしまいます。

これがオドントーマ(仮性歯牙種)です。

主な症状

上あごの切歯の歯根部にこぶができると鼻腔や副鼻腔などの気道が圧迫されて狭くなったり、鼻炎や副鼻腔炎の原因になります。

気道が狭くなるため呼吸しにくくなり、呼吸困難になります。

鼻呼吸がしにくいので口呼吸が増えますが、うまくできないため空気をお腹にためこんでしまい、ガスがたまります。

それによって食欲低下し、痩せて栄養不足になってしまいます。

治療法は?

こぶになってしまった切歯をこぶとともに抜歯することになります。

鼻炎や副鼻腔炎は抗生物質などのお薬を投与して治療する形になります。

オドントーマにならない為の予防法は?

切歯の不正咬合の予防法と同じにはなりますが、ケージをかじらせないためにかじり木をケージに入れておく、高いところからの落下をしないようなケージレイアウトにすることでしょう。

いつでも行ける病院を知っておくこと

歯の病気に関してはだいたいのことを知っていただけたと思います。

もし、治療が必要な症状だった場合、いつでも連れていける病院を事前に知っておくことも重要です。

動物病院は増えてきましたが小動物、とくにデグーを診れる病院はまだそう多くありません。

緊急の時に、行ける病院を調べて・・・としているとその時間がもったいないですよね?

あらかじめ名前と場所を知っておくようにしましょう。

また、夜間診てもらえる病院もあればチェックしておくことをおすすめします。

デグーお迎え前の方必見!←お迎え前、二匹目前の方!
お迎え前に気をつけておいてほしいことまとめてます♪

まとめ

今回は歯に関するデグーの病気について書いていきました。

げっ歯類であるデグーは一生を通して歯が伸びます。

そしてその歯を使って食事を行います。

人間のように入れ歯をしたり、差し歯はできないので歯が使えなくなったりなくしてしまったらそれこそ死活問題です。

デグーが健康に生活するには飼い主さんの細かな気付きや日々の体調管理が重要になります。

デグーの食欲や体重、体型には毎日気を配って、元気に生活してもらえるようにしましょう。

エキゾチックアニマルカテゴリの最新記事