デグーのご飯~牧草編~

デグーのご飯~牧草編~

デグーは草食動物のため、エキゾチックアニマルの入門にも向くハムスターに比べて、ご飯やおやつの種類はそう多いわけではありません。

そんなデグーの主食に当たる牧草について今回は書いていこうと思います。

意外と種類たくさん!?牧草について

デグーの基本的な食事は「牧草+ペレット+おやつ」になると思います。

デグーのご飯~ペレット編~←牧草と共に与えるペレットについって書いているので参考にどうぞ!

飼育下でデグーに与える牧草は、生で生えている牧草を刈り取り、乾燥させた「乾牧草」というものです。

乾燥させている為、保存性が良く、年間通じて入手することができます。

最近はインターネットでも購入できますし、ペットショップでも様々な種類の牧草を購入することができるようになりました。

いろいろあるがゆえに、どんなものを買えばいいか迷うこともあると思います。

なので主な牧草の種類と違いについてお話していきます。

デグーをお迎えするときは何が必要?←ご飯以外に何がいるか知りたい方は是非参考に!

牧草の種類

デグーに与える牧草は大きく分けて「イネ科」の牧草と「マメ科」の牧草があります。

イネ科の牧草は栄養価は低いですが繊維質が豊富です。

マメ科の牧草は高タンパク、カルシウム豊富でイネ科に比べて栄養豊富です。

イネ科の牧草

イネ科の牧草の代表的な物は「チモシー」という種類です。

チモシーは刈り取る時期、順番によって一番刈り、二番刈り、三番刈りという種類に分かれます。

一番刈りは、収穫の一番最初に刈り取られたチモシーで、栄養価も一番高く繊維質も豊富で、デグーに与える基本的な牧草になります。

刈り取られた茎から新たに伸びてくるものを刈り取ったのが二番刈りで、一番刈りに比べて栄養価は下がりますが、一番刈りより柔らかいのが特徴です。

三番刈りは二番刈りを刈り取った後に生えてくる牧草で、二番刈りよりもさらに栄養価が下がりますがさらに柔らかい牧草となっています。

三番刈りは床材や寝床として使われたり、離乳したての幼いデグー、年を取って歯が弱くなったデグーの餌として与えることがあります。

幼いデグーはそこから二番刈り、一番刈りと栄養価の高いものに変えていくことが一般的です。

チモシーのほかにオーツヘイ、バミューダグラス、オーチャードグラスなどいろいろな種類があります。

お迎えしたデグーが、買った牧草を食べてくれない場合は違う種類の牧草を与えることで食べるようになることもあるので知識として持っておきましょう。

マメ科の牧草

マメ科の代表的な牧草は「アルファルファ」と呼ばれる牧草です。

イネ科に比べてタンパク質、カルシウムが多く含まれており、成長期である離乳してから約半年までであったり、妊娠中のデグー、授乳期のデグーに与えるのが良いとされています。

牧草の与え方

牧草を与える時は、ケージに牧草フィーダーというものを取り付けて、その中に牧草を入れて与えると良いでしょう。

古い牧草が残り続けることがあまりないため新鮮な牧草を食べてもらえるからです。

我が家では、陶器のお皿に牧草を詰め込んでケージ内に置いて与えています。

この方法を実践されている方もおおいと思いますが、この場合、牧草を与える時は、前日与えた牧草を捨てて新しい牧草を入れるようにしましょう。

うちの子あるあるなのですが、牧草を食べる時になぜか、牧草の入ったお皿の中に入って牧草をむしゃむしゃしていることが良くあります。

そして案の定お皿の中でうんこやおしっこをしていることがほとんでです。

そうなるともちろん、牧草は汚れてしまいます。食欲増進のためにも汚れや古くなった牧草はきちんと捨てて新しい牧草に変えてあげましょう。

また、牧草は基本的に「食べ放題」にしておきましょう。

牧草自体それほど高カロリーな食べ物ではない為、常に食べられる状態にしておくことが好ましいです。

牧草を食べる時、デグーは奥歯ですりつぶしてたべているため、奥歯をしっかり使ってもらうことにもつながります!

まとめ

今回はデグーのご飯である牧草についてお話していきました。

牧草といってもいろいろな種類があり、与えるタイミングなどもそれぞれ違います。

また、与え方にもいろいろな種類がありますが、デグーが新鮮でおいしい牧草を常に食べられるように管理してあげることが何よりも大切。

それができるのは飼い主さんだけです。

おいしいごはんですくすく元気なデグーに成長してもらって、良きデグーライフを送れるようにしていきましょう!

エキゾチックアニマルカテゴリの最新記事